☆2010年12月 5日(日)

    
 温泉入浴、気を付けて

     
久しぶりに気の合う仲間と温泉に行きました。広い湯船で、泉質は私の好きなアルカリ性、露天風呂も
  
    あります。

     入った所でかけ湯をしていると、すぐ横にある水風呂へ入ろうと中年の男性が歩いてきました。

    その瞬間、段差につまづき頭から水風呂に突っ込み、底に沈み、ピクリとも動いていません。
    
    私は一瞬の出来事でびっくりしましたが、すぐ水風呂の飛び込み、抱え上げましたが、体が硬直しており

    息をしていません。あわてて少しゆすって見ると、すぐに水を吐き出し、「ゴホッ、ゴホッ」と息をしました。

    すぐ歩こうとしましたが、顔は真っ青でフラフラです。「あぶない。すわっとき。」としばらく座らせておくと顔

    も赤みがもどり
、眼もしっかりしました。頭は強く打ってなかった様ですが、膝が転んだ時に怪我をして血が

    出ていましたが、ほどなく従業員が来て、事なきを得ました。

    もし、私が横にいなかったらと思うと、ぞっとします。

     温泉は私も大好きですが、くれぐれも気をつけましょう。




   ☆2010年12月 3日(金)

    
 今日、早朝から、垂水区内のある駅であいさつをしておりました。この駅は地元地域の方々から

    エレベーターの設置、ユニバーサル化の要望が強く、私も全力で取り組んできました。


    
その結果、今工事に入っており、来年1月末に完成予定です。地元の方々や、この駅を利用する

   県立視覚特別支援学校の生徒の方々も完成を待ち望んでいる駅です。

    私の目の前を視覚特別支援学校の女子高校生が、白いつえを持ち、元気よく

   「おはようございます」挨拶して、学校へ向いました。

   私から60m離れた所に白いワゴン車が歩道に乗り上げて止まっていました。しかも、

   点字ブロックの真上に乗り上げて、点字ブロックをたよりに歩いていた彼女は、白いワゴン車

   にまともに体ごとぶつかり、「ゴン」と音が私まで聞こえました

    幸い、こけることなく、すぐ横に動き歩いて行きました。

     私はすぐ車の所へ行き、運転手をさがしました。近くの保育所へ子どもを送って来た若い母親

   でした。あやまることもなく「すぐのけます」と車に乗り行ってしまいました。

    私はあっけに取られました。

   ぶつかった高校生の彼女の思いはどんなでしょうか。

    駅へのエレベータ設置、歩道への点字ブロックの設置などハードな面は整備出来ても一番大事

   なのは人の心、モラルです。

    未来のために、子供たちのために、本当に豊かな、あたたかい社会をつくる事が今、強く

   求められます。
 
       全力で頑張ります。




   ☆2010年11月10日(水)

    
今日、県議会健康福祉常任委員会の委員として、西播磨のたつの市新宮町光都にある児童養護

    
施設「光都学園」に行きました。

   両親が亡くなった子ども、また虐待を受けた子どもが、生活しています。

    職員、スタッフの方々は熱心で、丁寧。またやさしい方々です。子どもたちも元気です。

    入所が必要な子どもが多くなっている事、未来を任う子どもたち、かわいい目をしている。

   垂水区内にも、塩屋に「少年の町」があります。私は中学生の頃から今もかかわり

    合っています。

   県議会、行政の応援・支援をしっかりしていかなくてはなりません。

    頑張ります。





   ☆2010年9月28日(火)

     「今日あった、いい話・ありがとうございます」

     今日の朝7時ごろ「ピンポーン」と家のインタホーンのベルが鳴り、妻が出ました。

   「きのうすぐ持って来ようと思ったけど急用で来れなかった」と外で男性の声が聞こえ、

    すぐ帰えられてしまいました。

    何と、昨日の夕方、高校2年生の私の娘が、家から少しはなれた所で携帯電話を落し、

   何度さがしても見つからなかった物を拾い、届けていただいたのだ。

    初老の男性で名を告げず、また、聞く間もなく立ち去りました。

   落ち込んでいた娘は、大喜びです。

    お礼を申し上げたいのですが、名前も連絡先もわかりません。


   このホームページで心よりお礼申し上げます。

    本当にありがとうございました。





   ☆2010年7月12日(月)

   
  参議院選挙が終わりました。    

   民主党には、厳しい結果でした。 厳粛に受け止め、

   試練として乗り越えてこそ本当に政権が担える力がつくと思います。

    腹を据えて、地に足を着けて頑張らなければと決意を新たにしました。

    今日13日からさっそく県議会健康福祉常任委員会が明日まで2日間、神戸市と阪神間を回り、

   福祉、医療、病院、保育等の現場と各県民局の現地で議論が始まります。

    広い兵庫県、神戸の県議会場だけで議論するのでなく各地区の現地に出掛けて常任委員会を開催し、

   その地域の課題を議論します。 淡路、西播磨、但馬、丹波にもいきます。

    兵庫県議会独自のやり方で、私は良いやり方だと思います。

   
  生活が第一!を着実に進めていきます。

           
       参議院応援、神戸大丸前で岩田市会議員、西区選出  と共に。


        健康福祉常任委員会・13日
        尼崎県立病院にて

                           
   
  診療技術向上スキルラボ。シュミレーション人形       最新の血液検査機器          体外衝撃波による腎臓・尿管結石最新治療機器。
     藤原病院長と。                                        手術も麻酔もなく治療出来ます。 



   ☆2010年6月22日(火)

      残念!「ヤチスギラン」

     
県内、唯一垂水に自生していた「ヤチスギラン」(シダ植物)が21年に絶滅する。

     湿地に生える「ヤチスギラン」、県立人と自然の博物館が支援し、移植するもうまくいかず、

     垂水の2ヶ所の自生地で消滅する。

     その結果、兵庫県内では絶滅する。残念です。

      「ヤチスギラン」の説明と垂水の自生していた場所はここをクリックしてください。


          ヤチスギラン  生育地のヤチスギラン(伊賀市)
                            
ヤチスギラン


   ☆2010年5月30日(日)

      ホッとひと息「足湯」

     天然温泉の足湯が、神戸三ノ宮のどまん中で「神戸湯温泉・足湯」(無料)

     三ノ宮の普段歩かない路地を歩いてみると「温泉」の文字を見て、思わず立ち止まると、

     何と、三ノ宮、それも飲み屋街の「東門」のすぐ南西に、温泉・足湯があるではないか!

      岩風呂で、湯がこんこんとわき出ている。しかも無料、初老の男性が足を付けているので、

     私もチョット入ってみることに!

     
説明板によると、1995年1月17日、阪神淡路大震災で、この周りも大きな被害を受ける。

     その後、復興の時、この足湯を、人と人とが語り合える場として誕生した。

     場所が震災で全壊した生田神社の神域であったことから「神の湯温泉」と名付けられたそうな!

     私も先の男性と話がはずむ!彼は「毎日、つかりに来る、悩んでいた足のむくみも取れ、

     ここへ来るのが日々の楽しみです。」と語る。

     ともすれば、忙しく、ストレスのたまる毎日ですが、近くに寄った時でも、チョット足をつけて、

     
ホッとして見てはどうでしょうか!


     (※場所は、神戸、三ノ宮「神戸サウナ」の南東の角です)

            
  
                 
写真は、「まっくろクロスケ」ブログより




   ☆2010年5月16日(日)

       「社交ダンス・ポピー」15周年記念・講演と歌の集い(垂水レバンテ大ホールにて)

     に参加しました。「ポピー」は阪神淡路大震災で被災した視覚障害者の方々が、震災で

     傷ついた心を癒し、互いの親睦を深め合う目的で、自分たちで立ち上げ、発足したのが

     「社交ダンス・ポピー」です。

      私は、震災後、代表の根波いく子さんよりお話があり、お手伝いをさせて頂いております。

     当日の「歌のつどい」は、視覚障害をもつ時田直也さんの歌とピアノ、「講演のつどい」は

     自ら「肉腫(サルコーマ)診療グループ」を誕生させたフリーアナウンサー吉野ゆりえさんの


     貴重な話でした。

      「ホピー」は小さな、地道な活動ですが、15年間続けたのはすごい事です。

      当日は多くの応援する方々が集まりました。


     大きな事ばかりではなく、むしろ、「ポピー」のように、身近で着実な活動が大事です。

      私は、そういった方々と活動をしっかりと断続して応援する身近な議員として歩んで


     いく決意を新たにしました。。

    

                     
                  
ポピーと富士山




   ☆2010年5月14日(金)

       兵庫県原爆被害者団体協議会の総会に参加する。

     私の母は、広島で原爆を受けた被爆者です。

     当時の陸軍本部の被服省で被爆しました。今年、母は88歳の米寿です。

     心より「核兵器の廃絶」と「平和」を願っています。

     今日、参加の被爆者の方々も高齢化が進んでいます。

     私は、被爆二世として、母と被爆者の願いをしっかり受けつぎ、

     「核兵器廃絶」と「世界平和」を求めていきます。思いを新たにしました。



                    





  
 ☆2010年5月11日(火)

      JR塩屋駅前で朝のご挨拶の時、ツバメの巣づくりが盛ん!

     2羽で力を合わせる姿に感動!生命の息吹を感じます。

     朝の挨拶時にツバメの巣づくりを見つけたのは、今のところ、

     JR塩屋駅(山陽電鉄の高架下)と山陽滝の茶屋駅です。



                     
                                      滝の茶屋駅のツバメ
(6月26日)
                                       



             ☆2012年度の「かずみの雑感あれこれ!」へリンク



 
                      
 
     ホーム | プロフィール | 政策方針 | かずみの活動 よろず相談県議会での活動報告リンク集       

     
           
            
      黒田一美議員事務所
            
                    〒
655-0884 神戸市垂水区城が山1丁目5-19
                    TEL. 078-753-1192 FAX. 078-753-1192 
                                      (七五三-いいくに) 
                         

かずみの雑感あれこれ! (2010年)